いびきで手術をすることもあるのでしょうか? 結論からいうと手術することもあります。 症状が軽い場合はしませんが、あまりにも重度の場合は手術をしないと治らない場合があるので注意しましょう。 特に睡眠時無呼吸症候群の症状が酷い場合、そのままにしておくと命に関わってしまうので手術をすることも珍しくありません。 手術をすることでスムーズに空気を取り込めるようになり、いびきが改善します。 主に使用される手術は以下の2つです。 ・UPPP ・LAUP UPPPは症状が酷い睡眠時無呼吸症候群の時によく行われる手術です。 手術は全身麻酔で行われ、口蓋垂や軟口蓋を切除します。 LAUPはレーザーを使用して、咽頭を拡張する手術です。 近年、このレーザー治療が多く使用されるようになっています。 患者さんへの負担が通常の手術よりも少ないというメリットがあり、全身麻酔ではなく局所麻酔で十分というケースもあります。 どちらで手術を行うのかは、いびきの症状によって違ってきます。